FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/11/30 (Tue) 残業

仕事の締め切りが、四個。明日の3時まで!
ひとつはさっきオッケー出たから、圧縮してデータアップで、もう一個はちょっと修正。

あと二種は出来たら今日修正。


……要するにぎっちぎち。

昼休みは圧縮ついでにジュンク堂に歩いて行こうと思ったら雨だし!!

にゃんだよ!

とかいってたら、好きなキャラの仕事が新規で来て機嫌を直すなう。



実はこのぎちぎち仕事も、動物のポージングだから楽しいっちゃあ楽しい。

動物の関節のことを理解していくのは楽しい。

曲がる方向、曲がらない方向。筋肉の収縮。骨の向き。膝と爪先の関係性。

本当は細かい名前とか仕組みはよく知らない。

でも、変な方向を向いた足を造形するととても気持ち悪い。
生理に合わない?
なんかとっても嫌なのだ。

ただその感覚を頼りに整えていく。


多分、この感覚が私の物の良し悪しの判断基準の根本にあると思う。


言葉にはならない。でも絶対の価値観があるのだ。

それは生命の秘密。
タッチするたびゾクリとする。



結局今日は10時半まで残業。
眠たいなう。

夜ご飯をかたくなに家に帰って食べようと我慢していたら、うっかり食べそびれて、低血糖。

動物キャラの左右の足がどっちがどっちか本気で分からなくなる。

スポンサーサイト

未分類 |


2010/11/28 (Sun) 101128

きのうは、インフル注射を受けて牛と猫とかばのポリの型のふたを締め、たまったブルーシートを洗い、布団を干してシーツも洗って干して、ご飯を作って、岡村さん見て、モテキも3分の1見てやるべきことをやれるだけやって寝たので、今日の寝起きのいいこと、いいこと。

猫とかばのふた掃除は正直面倒くさく、日曜日でもいいかな~なんて思いながらも、ちゃんとやった。えらい。えらいぞ。

おきたら、流しに食器が残っていたが、これくらいはいいだろう。


会社員になりたてのころは、起きれない土日が続いた。
だらだら眠ってただひたすら体を休めた。
ずいぶん太って、重たかったなあ。

やっぱり、私は彫刻が必要。

私はイデオロギーも、宗教も、政治も全部、彫刻派閥!あと、ロックンロール。

シルベスタースターローンが「俺は筋肉党」て言うようなもんで。

あとは興味ないよう。



モテキ、ほんとやっと見た。
ずっと好きだったTVドラマの監督が、この漫画おもしれえとブログで薦めていて、原作を買って読んでいたら、じつは原作者もこの監督のファンで、TVドラマ化が決まって日本語ロックンロールがふんだんにかかって、主題歌は去年死んでしまった、同い年の大好きだったミュージシャンだった。

たまらん気持ちで一気に6話まで見て、主役の「島田はシャ乱Qだったときに俺はオザケンで島田はネプチューンだったときに、俺はフォークダンスDE成子坂だった」という一言にびんびん来た。


主演の森山未來が、すっごいいい顔(フジ君の卑屈顔)!


未分類 |


2010/11/27 (Sat) 貼り込み


ポリの貼り込み中です。

朝っぱらからインフルエンザ予防注射。


別の同僚が月曜日にバタンと熱で倒れたこともあり、急いで予約。インフルエンザにかかってる暇なんか無いもん。
すでに受けた同僚が痛えいてえ言っていたが、私はなんともなかった。


帰ってきて猛然とガラスマット貼り込み。

蓋掃除まですんだので、休憩中です。AKBあっちゃんのQ10見てます。沖縄はあの系列のチャンネルが無いので土曜日のお昼なんです。

主役の青年はフィギュア原型師からすると4つ前の仮面ライダーなんだけど、まだ高校生の役が出来る歳なんだあ。

彼のやった仮面ライダーはとにかく人気で今でもよくフィギュアを作ります。



あと、さっきモテキDVDが来た~!

えーん。


大根仁監督、久保ミツロウ原作。

主題歌フジファブリック。

これも、沖縄で無い局のドラマ。
原作も大根さんのブログで読んで買ってたし。神聖かまってちゃんもこれで知ったなあ。


今日は早く蓋閉めて、見れるだけ見よう。モテキ。


未分類 |


2010/11/25 (Thu) 離型


週末のポリ取りに向けて、離型作業。

ラッカーを使った完全な亜流の離型であります。

歪まないように、型とくっつくかくっつかないかのギリを狙う職人さんからしたらあり得ないやり方らしいです。

私は直付けで修正して完成するので、多少の歪みは関係ない。

こういう悪いことやスピードアップのしかたや、自分の型ならはしょってもいいことなんかは大学で先輩が教えてくれた。
直付けのやり方もタミーさんとか矢田さんという先輩が教えてくれて、一般的なことなんだと思っていたら、内地に持っていくたび、どうやったの?とびっくりされる。



プラスチックが自由自在。この感じがすごく良いです。

なんせ80年代生まれやで。時代がプラスチックだったんですよね。

ていう雑な80'S感。

未分類 |


2010/11/21 (Sun) 石膏取り2日目ー

キリガネを前日に打っておいたのが正解だったのか、型が単純だったのが良かったのか、いつもより少し大きいそぞうのかきだし作業はすんなりと午後3時位に終了。

道具の水洗い&油をさしてお手入れ。

泥んこで長靴にブーツインの格好で外で作業していたら、4~5歳くらいのハーフの兄弟2人が

「ここは犬をかっているの?」

と声をかけてきた。

何をどう見たら犬なんだ。

でも子供の自分の希望こそが、正解だ。という考えは嫌いじゃない。
「いや、犬はおらんけど牛を作ってるよ。みる?」と言ったら

「いいです」

と断られた。

周りに親は居なかったので、確かに現在牛は石膏型だし、アトリエはカオスで物置みたいだし、シャッター閉まってるし、でそんなとこ4~5歳児を連れ込みたくはないので、断ってくれてありがたい。


ああしかし、制作の邪魔になるから、子供となんて遊んでる暇はないのに、つい子供が来ると、愛想を振りまいてしまうのだ。つい!

今日は乾燥機を型に仕掛けておやすみなさい。


未分類 |


2010/11/20 (Sat) 石膏一日目ー

石膏取り、無事に今日の分終了。

明日、蓋を開けて中の粘土を書き出して、ひとまず一段落。



私たちは大学で初めて石膏取りをする時は、井野先生という、えらーいえらーい石膏職人の先生が東京からやって来て一年坊主にひとつひとつ教えてくれる。

職人であることに絶対のプライドをもっていらっしゃる、格好いい先生だ。


毎回毎回、へたくそ、へたくそ書いてますが、私は本当に人一倍どうしようもないぶきっちょなので、一回目の石膏取りなんて前も後ろも分からず、ほぼ井野先生が取ってくれたようなもんです。
手を別パーツにしてくださる先生、大サービス!




でも、あれから11年。すっかりひとりで石膏取りが出来るようになりましたが、いまだに石膏どりの大事なポイントはふっと井野先生の声色で浮かぶ。

「へこんでいる所はどうせ厚くなるんだから、形はちゃんとだすんだ」
とか、

「一ブロックを塗り込んでいるときに石膏が足りなくなった時にはどこまで塗ったかわからなくならないように、壁を作って印にするんだよ」
とか。

「キリガネみたいな所を一番をけちっちゃダメだ。再利用なんてもってのほかだ。」というのもあったなあ。



先生はもう、スーツで石膏取りしたって汚れずに出来るなんて伝説もあるくらいの超巧職人なのに、よくビギナー一年坊主にあわせて教えてくれたなあ

失礼なこともたくさんしたように思います。


それでも、当時はきゃははなんて感じで与えられた課題をこなしているだけの気持ちだったけど、こうしてきちんと身になっている今を思うと、こんなおばかちゃん一年坊主に、上質な教育を与えてくれた先生方の愛情に深く深く感謝する。いらいらしたでしょう。申し訳ないです。





しかし、芸大彫刻科なんてのは器用な人間の集団なので、ぶきっちょは本当、ばかにされるんだよなあ。
いつまでたっても私はのび太です。ほんと(泣)

でも、作品だけは出来るの!
不思議だね。

未分類 |


2010/11/20 (Sat) 石膏取りを


はじめるなう。


きりがねは昨日打った。


今からふりかけ!

明日までにかきだし半分を予定。


いつまでたってもテクニックは上昇しませんが、いまだにやってる。

そこが大事なトコ!

未分類 |


2010/11/17 (Wed) なごやん3

moblog_ef217b7btate.jpg
名古屋の友人をイメージして彫ったハンコ。
一番下は名古屋市長。

年に一回、大竹まことのラジオがシティーボーイズのライブ名古屋公演についていって、
名古屋から放送されるんだけど、そのときのゲストが大体、川村市長。

今年聴いていたら声がなんだかおじいちゃんみたいになっていて、心配になったなあ。
苦労も多かろうなあ。

ホントはストイコビッチの顔も彫りたかったけど、私が心酔していた現役時代からずいぶん面立ちが変わっていて、うまくイメージが修正できなかった。

優勝するかな。グランパス。

未分類 |


2010/11/14 (Sun) 101114

本当は、今週から石膏取りの予定だったが、ぐっと我慢して今週はもう少しつめることにする。
目を作るときは聴くのはCocco。ずっと昔から。生き物の目がさらにギラッとなる。



それがわりと功を奏して、作品の輪郭がぎゅうっとはっきりしてゆく。

胸もぎゅうっとなる。


この作品、沖縄でも展示したかったな。
私が最近いらいら、もやもやとしていたことへの批判や意見がちゃんと表れた気がする。
要するに、若人への説教なんだけど。
ぜったい口でガミガミゆうより、私はこれを作るよ、じゃあ君は。のほうが伝わると思うのだ。物つくり同士なんだから。


ああ、石膏型にする前に、だれか友達に見てもらいたいーーーーーー!!!


でも作りかけはやっぱりまだ恥ずかしいです。



先日、ファミマで映画ヤマトのクリアファイルがくじ引きで当たるというので、商品を買ったのだが、キムタク主演の映画のグッズ欲しいなんて、あまりにも恥ずかしくて、恥ずかしくて超さりげなさを装って買ったら、くじ引き初日だったせいか、私のさりげなさがさりげなさ過ぎたのか、店員さんうっかりスルー。

結局、「く、くじ引き・・・・・・」と自己申告。

ああああ、恥ずかしかった。

挙句ハズレ!

もういいもん。今度は堂々と買うもん。

ちなみに仕事で、ヤマト作ったことあります。立体ポスターつって。
あのまつげの長い人は、メイテルじゃなくて、スターシア!そんなこともしってるもん。


ちなみに、最近のお散歩BGMはずっとSMAP。でへへ
こんな日がくるとは。
やっぱりこないだきいたラジオの光GENJI特集が引き金となったみたい。
幼いころにジャニーさんに時限爆弾を仕込まれてんですよ。私たち世代の女子は。

嵐ファンのお姉さん方も光GENJI好きだったっていってたもん。

でもスマップは基本がダンスナンバー?ステップの踏みやすい曲ばかりだから、歩くときは超きもちいい。

未分類 |


2010/11/07 (Sun) 101107

週末、東京から帰ってきた恵那ちゃんのおうちに遊びに行く。

ずいぶんと会っていなかったので、とりとめなくいろんなことを話した。

なんだか東京では沖芸出身者がたくさん展覧会をしていたそうで、私も行けばよかったなと思う。

結局恵那のおうちで23時になってしまったので恵那のパソコンでCoccoのユーストリームをみせてもらった。
塚本晋也監督の映像作品を見ていて、恵那が「イザイホーのドキュメンタリー映像みたいやな」といっていた。

実は私も初見のときそう思った。


イザイホーとは本島南部の港からからフェリーで15分ほどの場所にある久高島という島のお祭り。12年にいっぺん行われる。
参加者は女性のみ。
私の大学の学科の授業にこういう沖縄の祭事を専門にしている先生がいたため、授業中必ずこの映像を見せてもらえた。

これがすさまじいのです。
このお祭りは島中の女性が呪文のような言葉を唱えながら島の祭事場を練り歩き徐々にトランス状態に陥ってくる、というものなのだが、要するに゛降りてくる"とか゛入った"とかという状態に、その女の人たちは集団でなる。

それが映像の上でもはっきりとわかる。


沖縄本島のお城というお城はこの久高島を望める場所に建っている。

神様の島


Coccoの映像といえば、アカペラで歌を歌いながら野原から、海へと歩き、走り、時に踊るCoccoにカメラを持った塚本監督がただついて延々取り続ける。ワンカメ、ワンカット23分。

ただそこに写る23分は、ひとつの間延びも無く緊張感に満ち、完璧な映像作品になっている。

そして、うたうCoccoは顔つきも変わり、はっきりと入っていっている。
もう、トランスなど必要も無く。


この映像を見たとき、ひとつのカメラと、パフォーマーと、映画監督さえいれば、景色は映画に、作品になるのだと知った。




今日も23時から見る予定。
11日まで。眠たいけど。今日も見る。

http://www.ustream.tv/channel/coccostream

こっちは予告



未分類 |


2010/11/05 (Fri) Cocco 「Inspired movies」

Coccoのインスパイアームービー最高です!
明日も23時から。


http://www.ustream.tv/channel/coccostream
201011inspired-movie.jpg




はじめてCoccoの歌を聴いたとき、布団の中で電気がびりびりと走りました。

そう、私が思い余って沖縄まで来てしまうほどの推進力を持ったあの声。

ものすごくくっきりと思い出した。

あの時、大きな津波が来て、私の心は全部持っていかれたのでした。
10年たった今でも、くっきりと思い出すほどにそれは大きな衝撃だった。


PVやMVなんて企画には当てはまらない映像集です。


是非見てほしい












Cocco New Album 「エメラルド」 リリース記念

0円ポッキリ!完全自主制作映像!
「Inspired movies (インスパイアード・ムービーズ)」

Cocco主演/全7作品の撮りおろし映像を
世界一斉公開!



「Inspired movies」USTREAMロードショー決定

2010年11月3日(祝)~11日(木)の9日間、毎日23:00~ USTREAMにて配信!

※期間中、日替わりでCoccoが番組内MCを務めます。お見逃しなく!

Cocco USTREAMチャンネル


http://www.ustream.tv/channel/coccostream


Cocco×映像クリエイター陣との夢のコラボ企画が実現!

その名も・・・
【0円ポッキリ!完全自主制作映像! Inspired movies (インスパイアード・ムービーズ)】

Coccoのシングル曲「音速パンチ」「ジュゴンの見える丘」「ニライカナイ」などのMUSIC VIDEOを手掛けた映像ディレクター・井上哲央氏の旗揚げにより、 Cocco大好き映像作家有志が集結。

多くのアーティストのミュージックビデオを手掛ける映像作家・井上哲央氏、UGICHIN氏、竹内鉄郎氏。TBSで報道番組などを手掛ける井上波氏。映画監督・塚本晋也氏などなど、豪華な参加メンバーの中、Coccoと面識もないのに(!)企画を聞きつけてぎりぎりで飛び入り参戦を果たした期待の若手映像作家・西川修司氏や、更には自らもメガホンを取ったCocco本人による初監督作品も合わせて、完成したのは全7作品!想いは熱く来るもの拒まずの企画!!Coccoニューアルバム「エメラルド」に収録された楽曲にインスパイアされた映像を各々の感性で作品化!

その制作費は、なんと「0円」の完全インディーズ!! 

各作品には、Cocco本人が(もちろんノーギャラで)出演。

信頼関係なくしては成立不可能なこの企画!

武器は、天井知らずのCoccoへの「愛」とクリエイター陣の「人徳」と「アイディア」のみ!究極の制作費0円で、どんな作品が出来あがるのか!?

【0円ポッキリ!完全自主制作映像! Inspired movies (インスパイアード・ムービーズ)】

乞うご期待下さい!

-------------------------------------------------------------------------------
Cocco×映像クリエイターによる夢のコラボ企画

Cocco 7th Album 「エメラルド」
【Inspired movies】作品一覧
参加映像作家(敬称略/五十音順) 及び インスパイア楽曲名

●井上哲央監督作品 「4×4 -Hello,Goodbye.-」
●井上波監督作品 「カラハーイ」
●UGICHIN監督作品 「あたらしいうた」
●Cocco監督作品 「絹ずれ」(未発表special音源ver.)
●竹内鉄郎監督作品 「クロッカス -分身の術!?-」
●塚本晋也監督作品 「Cocco 歌のお散歩。(収録曲:Spring around/十三夜/玻璃の花)」
●西川修司+竹内鉄郎監督作品 「Spring around -踊ってみた(パンチラあり!?)-」

※上記インスパイア楽曲は全てニューアルバム「エメラルド」収録曲
-------------------------------------------------------------------------------

※「Inspired movies 第2弾」も企画進行中!
  Cocco楽曲を映像作品化すべく、第一線で活躍する様々なクリエーター達が続々と参戦の予定です。

10月28日発売の雑誌「パピルス」(幻冬舎刊)にて、Cocco&映像監督集合の座談会が掲載です。
「Inspired movies」まるわかりの特集! ぜひ御拝読下さい。
http://www.g-papyrus.jp/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

参加映像作家プロフィール

井上哲央
1968年 浜松市生まれ。映像制作会社カラーフィールド代表。
Coccoの「音速パンチ」「ジュゴンの見える丘」「ニライカナイ」を初め、EXILE、浜崎あゆみ、絢香、Superfly、東方神起、eastern youth、スキマスイッチなど、通算500本以上のミュージックビデオを手がける。
MTV/Video Music Awards09最優秀ビデオ賞他、受賞歴多数。
http://www.colourfield.jp/

井上波
1967年 兵庫県出身。91年TBS入社。報道カメラマン、社会部記者等を経て、98年から05年まで『筑紫哲也NEWS23』ディレクター。
03年初夏にCoccoと出会い、『ゴミゼロ大作戦 vol.0』を取材。放送後の大きな反響を受けて、DVD『Heaven's hell』を制作した。以来、05年に性同一性障害の心音さんとその家族を描いた『性を超えて~Coccoからの贈り物』など、Coccoと関わる数々のドキュメンタリーを制作してきた。05年から4年間アメリカ・ワシントン特派員として大統領選などを取材。現在は報道局外信部デスク。

UGICHIN
1971年 東京生まれ。Hi-STANDARDのMVなど日本のパンクシーンの映像に多く関わる。現在は個人事務所「ISM tokyo」としてMV・ライブDVD・音楽番組などの企画演出を展開中。Coccoの作品では「樹海の糸」「ポロメリア」「玻璃の花」などのMVを手掛ける。
http://ugichin.tumblr.com/


未分類 |


2010/11/04 (Thu) カラハーイ!








「作品の出来が良いと私はとても調子がよいです。」

と 昔、誰かに宛てた手紙に書いた。
あれは確かに本当のことだと思う。


ここのところ作品との蜜月期がずっと続いている。
触るたびに顔が変わり、自分で作っているものなのに、すごくどきっとして興奮する。

体も健康で軽く、キャッチ能力も絶好調。穏やかな秋の風が吹いただけで、しあわせだなあと思ったりする。





Coccoのインスパイアームービー最高です!
明日も23時から。

踊ってます。


http://www.ustream.tv/channel/coccostream
201011inspired-movie.jpg


未分類 |


| TOP | next >>

プロフィール

e彫刻研究所 

Author:e彫刻研究所 
沖縄にある彫刻アトリエです。

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。