FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/12/31 (Sat) 大晦日

紅白を見ながら過ごす年末がこんなにいいものだとは思わなかった。

サンボマスターの山口さんがギターを持ってふらあっと動いただけで、NHKホールのステージがライブハウスみたいに見えて、かっこいいなあ、ロックスターだなあと思ってしまった。


AKBの人文字に泣いてしまったことは秘密だ。



よいお年を。

スポンサーサイト

未分類 |


2011/12/30 (Fri) 年末石膏取り


石膏塗り込み終了時間!

後は明日粘土をかきだししたらひとまず終わりだ!

二日連続で3時まで昼ご飯を食べ忘れていた。


いくつになっても、何回やっても針金は上手に曲げられないが、石膏がいい硬さになるまでじっくり待てるようになった。

成長したあ。


あと、今年は元旦はお休みだあ。幸せ。

来年は三重に帰れるくらい余裕がありますように。




写真は自作の石膏室。

未分類 |


2011/12/28 (Wed)

今日は仕事納め。

昼からは会社の自分の机を掃除して、みんなで大掃除して、忘年会。

もしかして、大掛かりな嘘なんじゃないかな。そんな気すらする。

早い一年だった。

昨日は柳宗理大先生のご冥福をお祈りしました。

私に関係あるところで言えば、彫刻家のレジェンドのひとり佐藤忠良さんとか、とても影響を受けたレイ・ハラカミとか、なんだかこれまでの歴史を作ってきたトップたちが沢山亡くなった年だったなあと思った。


大きく時代が終わって、変わってゆく時期なのだと思う。

そんな時私は何をしなくてはならないのか考えたけれど、結局作品を作るっていう、そのことをこつこつ続けていくことが大切なのだと思った。


とりあえず、二月には祖母が白寿を迎えるそうなので、熊本に行くことにしました。

未分類 |


2011/12/25 (Sun) 111225

今日塑像が終われば、石膏取りが元旦にずれ込まないはずだったが、そうはうまくはいかないのが制作だ。

今年も元旦は粘土の掻き出しになりそう。

逆に作業(石膏取りやポリ取り)は淡々と計画通りにすすむ。やったらやったぶんだけ進む。

でも、切り金、振り掛け、針金入れ、塗り込み、蓋明け、掻き出し の一連の動作を止まらずやらないと粘土が乾燥して型が割れたり、掻き出しがめんどくさくなったりといろいろ大変なのが作業。



今年は生まれて初めて彫刻を作ることが少しおっくうになった。 心がだるーくなった感じ。
しかたないのでダラダラ制作してみたりしていたけど年末に入って急に熱が湧き出してきてすごい馬力が出てきた。
休みはとらなきゃいけないなあ。としみじみ思う。






そういえばクリスマス。

うちの会社の美人さんが、残業で今週末の連休に出社だ、クリスマスなのに~となげく後輩に、
「沖縄っつうのは基本先祖崇拝だから。キリストはよその神様だからねー!」と言っていてウケた。
「そーだそーだまずは4月8日に甘茶かけてからだ~」 とわたしも合いの手を入れてみたが、 年末進行の犠牲になる後輩は不憫だったなあ。かわいそうに。

未分類 |


2011/12/23 (Fri) 111222

とうとうテレビ買っちゃった!


惜しむらくはテレビ誌が軒並み嵐表紙だということ!

SMAP表紙のないの?!

去年の年末に突然SMAPに陥落。
ファンになったんだけど、去年の今頃のSMAPさんの衰弱ぶりを思うと、世代交代はいいように思うが、テレビ誌はSMAP表紙がいいなあ。



今年30歳になって変わったことは、ジャニーズに陥落したことと、少しキティちゃんの可愛さがわかったことです。


二十代までは両方ともド・アンチだったのに。

なってみないと解らないことばかりです。 生きてる醍醐味ですね。

未分類 |


2011/12/18 (Sun) 111218


なぜだろう、うちの駐車場に全長20センチの蟹が……

まだ、20センチの蜘蛛のほうがリアリティあるよな。怖いけど!

うちはかなりの丘の上なのだが。


不憫になり、ホースで駐車場わきの水路まで水で濡らしてあげた。
やさしくしてみたくなったのだ。




未分類 |


2011/12/16 (Fri) 【メモ】明日の予定【必聴】





【FM あす17日(土)後9:00~】

「レイハラカミ・トリビュート」今年7月、脳出血により急逝したアーティスト“レイハラカミ”。生前のレイと関係が深かった矢野顕子とタブラ奏者、U-zhaanの語りを軸にレイハラカミ・スペシャルプログラムを送ります。



聴きたい!!

未分類 |


2011/12/14 (Wed) 111213

仕事帰り、U-zhaan×三宅洋平のライヴを見に行く。


人生に音楽をすることが組み込まれてる人っているんだなとしみじみ思った。


よく通る声でキン消しや、タモリや、マラドーナや、雑誌「ムー」みたいな話をしてて面白いお兄さんたちだった。


今回もユザーンのタブラは赤ちゃんを踊らせていて、思わず笑ってしまった。

やっぱりタイコのリズムはすごく原始的な人を揺らす何かがあるんだろうな。


そして今夜はyanokamiのCDを買って聴いている。

未分類 |


2011/12/11 (Sun) 111210

今日はまりんこと砂原良徳のライブ。夜中2時過ぎ。

まりんさんの演奏は一音一音がかつて聴いたこともないような音だった。

機械音楽というのは今や誰にでも手軽に作れるような感覚があるけれど、なんでもできるツールだからこそ、息を詰めて誰も知らない見たことも聞いたことないものをつくんないといけないんだなあと思った。

ピリッとした美しい空間だった。


最後の方に
今日は友達の原神玲君の誕生日なので彼の曲をやります。

と言ってJoyを演奏した。

少しクールなJoyを聴きながらきっと私の聴く最後の生演奏のJoyだなと思った。

未分類 |


2011/12/09 (Fri) 111209

大学で同級生だった大谷くんが中野ブロードウェイにあるOz Zingaro/Hidari Zingaro/Kaikai Zingaroという三店舗で12月15日より個展をするそうです。
嬉しかったので勝手に宣伝します。

滋賀県生まれの滋くんが信楽の焼き物をやってるっていうのが、すごく自然でいいなあと思います。

http://hidari-zingaro.jp








ここのところ、みんな切羽詰ってギリギリだから「頑張れ!」と誰かに声をかけるのが怖かったんですが、
さすがに大谷くんには、絶対死なない程度に頑張ってね!と願います。




そういえば、この日記の3つ前のイースタンユースの日記にもちらっと大谷くんが出てきますが、そのイースタンのライブのフロアDJは奈良美智さんでした。
そしてライブ会場には後輩のコニーもいて、「ああ、なんだか大谷くんだけ不在な感じだなあ」とライブ中思ったんですが、上記のムービーを見て、なんだかピースが揃った!って感じがしました。

わかるかなあ?

未分類 |


| TOP |

プロフィール

e彫刻研究所 

Author:e彫刻研究所 
沖縄にある彫刻アトリエです。

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。