--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/12/31 (Mon) おおみそかー


紅白を見ながら突然のプラ板ブーム。

オーブンレンジがあってよかったなっと

スポンサーサイト

未分類 |


2012/12/30 (Sun) 年末につき

昨日放送していた、小沢昭一の追悼番組「あしたのこころだ 小沢昭一について考える」 を流しながら、掃除中(大掃除ではないだって終わらない)
黒柳徹子のコメント「あたしが、100歳まで仕事したいのなんて30代の頃言ってたら、『でもさみしいよ。あの時はさあって言った時に、となりに誰もいなくなるのは』って小沢さんがおっしゃったの。本当に寂しい」

ああなんて切ない話。
50年来のお友達なんだって。

「戦争中、大きな空襲の時疎開先で、生まれ故郷の東京の方を向いていたら上官がふらっととなりに現れて、小沢、お前さみしいかと聞くんです。突然だったから嘘もつけず、ハイ、さみしいです。と言ってしまった。ああ。ひっぱたかれるかなと思ったんですが、その時上官が『俺もだ』と言ったんです。私はそれでとても救われて。」
と小沢さんは言っていた。
とっても涙が出た。

戦争体験者の人がひとりひとり亡くなられていく。
それはどういうことなのかよく考えていあないといけないと思う。

しかし、小沢昭一や、タモリの存在が当たり前の徹子が、今の芸人の芸に反応が悪いのは仕方がないことだろう。

未分類 |


2012/12/29 (Sat) これ日記にする必要ないけど。

私は、ローラースケートに乗れる垂れ目のアイドルが好きなんだ!


小二のころ、津公園のお祭りの出店で、お母さんにねだってなんか小さい金属の額縁状のロケット?写真がはいったペンダントを買ってもらって、(なんでだったんだっけなあなんか病院の待ち時間だったような)その中の写真に写っていた男の子を、私の生き別れた兄だということにしようと決めたのだった。

それが当時人気爆発していた、光GENJIの山本淳一だった。

なんか、買ってもらった時のこともよく覚えてるし、強く兄だと信じ込もうとトライしている自分もよく覚えている(トライしてるって時点で思い込めてない)。



だから今、キスマイっていうローラースケート履いてるアイドルの垂れ目の鼻の大きい宮田を好きなのは、いたしかたなし。


そう思った。こないだテレビでパラダイス銀河を歌う宮田くんを見て。


miya01.jpg

未分類 |


2012/12/24 (Mon)

未分類 |


2012/12/24 (Mon) no title

個展が終了し、我慢していた映画をたくさん見ている最中です。
それでも、「黄金を抱いて飛べ」は見れなかってくやしい。
先週は「かぞくの国」(震える程よかった)
昨日は「大奥」(よしながふみ大好き)と「悪の教典」を見た。
三池崇史って人は素直で無邪気で残酷で、テクニシャンで、ユーモラスでなんつーか、さいこう!

そして、「この映画、私はきらいです。」といって劇場を泣きながら出たっていう大島さんはなんて感受性の豊かな人なんだろう。大事にしてほしい。 その時柔らかい心でトップアイドル。しんどくても頑張ってほしい。




今日は半日つぶす覚悟で、「この空の花-長岡花火物語」を見た。
なにしろ3時間以上あるのです。

いやしかし、なんていえばいいのか、ものすごい体験をしたなあとしかいいようのない映画でした。

この監督のエネルギーたるや。たるやです。

ちょっとぞっとしたのは、劇中劇のタイトル、または劇中新聞のコラムのタイトルである「まだ戦争には間に合う」
この言葉が、大林宣彦監督が作った当初、そして封切り直後にはまだ、わりと非現実的な言葉、「戦争!?」って感じ、だったのが、今現在となっては もう「間に合わない」というところまでもしや来てしまったのでは、と思わざるをえない状況になっているということ。

まだ今年の映画なのに。





新藤兼人の遺作「一枚のハガキ」もはっきりと体験者からの悲痛な、力強い反戦のテーマだったし、塚本晋也監督も、今の空気は戦争に達するんじゃないかという恐怖がある。と言っていた。



敏感な作り手たちは肌で感じているんだなあと思った。





「この空の花」この映画、あまりに圧が強すぎて、印象のみしか残らないのだが、なかでも一番思い出すのが、母親とふたりで暮らす松雪泰子演じる玲子のお母さん(長崎で被爆している)の会話。

「私は体が弱かったから、それでもあなたは立派に産んで。(意訳)」
「ありがとう」
「あなたもありがとうと言ってもらわなくてはね」


それを聞いて、自分自身も親に会えば、孫、孫言われることにうんざりしている時期だったのだけれど、あれは親的には、もちろん小さなほやほやの自分たちのあまやかし放題の赤ん坊がほしいわあという意味もあるだろうが、同時に私たちにとって、あなた(子供)という存在は素晴らしい物であったから、あなたにもそれを体験してほしい。
という、私たちに対する肯定の言葉なんだなあと初めて思った。

未分類 |


2012/12/17 (Mon) いきな君について。

251205_268707289898706_605455493_n.jpg



今回、個展に出したメインの作品「いきな」は、レイ・ハラカミさんの曲ををイメージしながらつくりました。

去年の7月に沖縄のカフェでライブをしたハラカミさんに握手してもらって、サインをもらいました。

2012年7月のブログ


演奏直後のハラカミさんの手は汗だくだった。

その時の演奏が、あまりにも素晴らしく、あまりにも彼の全てが出されていて、あまりに私は影響を受けてしまって、帰り道、私はその握手してもらった手を舐めてみた。もう、汗の味もしなかったけど。
爪の垢を煎じて飲むみたいな?(ドン引かれるの覚悟で書いてます)

そして、その二週間後、同じ7月レイ・ハラカミは40歳でこの世からいなくなられてしまわれたのでした。

私が、自分の作品はプラスチックでいいんだって自覚したのはレイ・ハラカミのCDを聞いたからでした。
どうやら音楽を作る機械としてはホントにチープなもので作られていたというハラカミさんの曲。
それでも、何ものにもひけを取らない、ハラカミさんの楽曲。

どんな素晴らしいミュージシャンだってどんなに健康だって、いつかは死ぬだろう。
まあ40歳は早いとしても、でも200歳までは生きられないだろう。


でも、彼の孤独な宇宙に触れて感銘を受けてしまった私の作品にはいやがおうにも、彼の作品の色がにじむだろう。あの時舐めた汗はきっと私の血になっただろう。
そうやって、何かが残って行くことが、表現だし、生きていたってことなんだって、思う。

40歳はやっぱりはやいけどさ。



8日間の個展、たのしかったです。
特に最終日のはんこ教室とか。
私の書いた文章、ボツになってそれがある日ラップとして仕上げられてたとか。
みんながハンコを喜んで押してくれたとか。
沖縄にいる知り合いという知り合いに会えたとか。

超超、楽しかったです。

来ていただいた皆さん、お花やお手紙を下さった皆さん、本当にありがとうございました!!

大変幸せな8日間でした。




未分類 |


2012/12/14 (Fri) no title

ひとつ、ひとつだけ譲れないことがあって。


それは、戦争がおきて欲しくない。そのことだけだ。


今、充満している戦争の気配を、気配のうちに消してしまいたい。


選挙にいって、さて次は何をするべきなのだろう。




私が生きているうちに、こんなにも戦争の気配が現実味を帯びるなんて思ってもみなかった。

漫画を読んで、テレビを見て笑いながら。
ミーハーにハンコを彫ったりしながら、戦争に怯えている。


こんなことが現実になろうとは!


譲れない。

この気配を打破せねば。

未分類 |


2012/12/13 (Thu)

121209_135505 - コピー

個展開催中です!!


写真は石彫の平良カーズー先輩が持ってきてくれたおみやげです。。。。
カーズー(先輩)、栗山 酒は飲まんてば~

梅酒とおやつしょうがっていうところが、先輩のレディースに対するお心遣いよね~~



場所:One's Room gallery &studio
沖縄市中央1−2−3神里ビル1階
日にち:12月9日(日)〜12月16日(日)
時間;11:00〜19:00


沖縄アート情報 コンパス

未分類 |


2012/12/08 (Sat) no title


バイク買った!

未分類 |


2012/12/03 (Mon)

バ、バイクが壊れた!!!

スタンドをどしんと勢いよくおろしたら、真ん中を通るパイプが真っ二つに。
背骨が折れたみたいになった。

来週から沖縄市に通うのに~~~~!!

三年生の時、初めて自分たちでやった名古屋での展覧会の前には左手をざっくり切った。
7年前の初めての個展の時には足を骨折していた。

知ってるの!でかい展覧会前には大きいものを失うことを。

だから、今回は自分の体の代わりにバイクが壊れたのだ。

まだ良かったし!!


腹筋してるから、体は丈夫でなによりです。

未分類 |


2012/12/02 (Sun)




呼びにきたよ


未分類 |


2012/12/01 (Sat)

一番の新作を彩色中なう。

私すらまだ見たことないようなガリガリの新作を。ピンピンの新作を来週の個展で出しちゃうよなう!(なうではないね)


今は乾燥待ち。

さっきツタヤに行ったらシングルCDが目に付いたので、11枚も借りてきてしまった。
最近はi Tunesで買ってたけど、たまにはいいかなっと思って。

あれもこれもと借りていたら11枚にもなってしまった。

MONOBLIGHT、くるり、Kis-MyーFt2、地球三兄弟にラヴサイケデリコ、サカナクション、クリープパイプにももクロ、世界の終わり、ドレスコーズ。


で、それを取り込んで、聞いたことない曲でアーティストイントロドン中。

途中、このギターは民生さんのギュイーンだから多分、「地球三兄弟(奥田民生×真心)」の曲やね!と思ったら、女性ボーカルが始まって、あら、ハズレ!と思ったら、民生プロデュースのチャットモンチーだった。
当たり!!


と、そんなことを一人でやりながら彩色。

彩色は、好き。。。。。?嫌い。。。。?

うううううん、やり方も答えもはっきりしてないからいっつも怖い。

でも絵の具出して、筆を持ったら心が踊る。

きっと好き。


未分類 |


| TOP |

プロフィール

e彫刻研究所 

Author:e彫刻研究所 
沖縄にある彫刻アトリエです。

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。