FC2ブログ
2010/10/14 (Thu) シネコンへ行く

日々の残業の合間に「13人の刺客」を見に南風原ジャスコへ。シネコンが有るのだ。

南風原ジャスコは山から下ったウージ畑の真ん中に突然あるので、山から見下ろすとぴかぴかとまるで御殿のように鎮座ましまして居る。
ものすごい異物感。


公道からウージ畑をぬけてゆく一キロくらいの道のりは街灯もほとんどなく、真っ暗でバイクで照らした部分と夜空と山しか見えない。

映画はめちゃくちゃ面白く、まさに江戸時代の提灯を灯して道を歩くような気分で、その暗闇の道をバイクで帰る。

この映画では稲垣吾郎が絶対超悪、悪いそれはそれは悪い殿様の役として出てくるのだけど、あまりに悪くそして震えるほど怖いので、その感じが行きすぎて、逆に次も早くまた出てこないかなあ、稲垣吾郎。あ、出てきた!稲垣吾郎。ひでえ稲垣吾郎!エグい!稲垣吾郎!!くらいの気持ちになった。

あまりにはまりすぎて、その存在がひとつの作品になっていた。すごい。



稲垣吾郎のちょんまげ姿のつるりとした美貌を思い出して余韻に浸る。
この美貌もまた極悪無慈悲なそしてどこかずれた殿様狂気を過剰に演出していた。

もうもうもうすごかった!!
怖かった!!すごかった!

面白かったよう。稲垣吾郎。


真っ暗な道を抜けて行くとき、音も雨も無く稲妻が空で光った。
わりと頻繁にぴかぴかと光る。
一瞬空が一面藤色になる。
唯一見える空がチカチカ色が変わるのでおもしろかった。

ウージ畑はからは少しヤギの匂いがする。

未分類 |


| TOP |

プロフィール

e彫刻研究所 

Author:e彫刻研究所 
沖縄にある彫刻アトリエです。

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ