FC2ブログ
2011/03/20 (Sun) 寅次郎相合い傘の巻

寅さん映画をなだぎ武やバッファロー木村さんがコメンタリーしてくれるという沖縄国際映画祭のプレイベントに来ました。

寅さんが映画館でかかるときは必ず観に来るので、正直言うとコメンタリーはどっちでもいいけど、プラン9の演劇コントが好きなのでなだぎさん見れるのうれしいなあ~
でも寅さん好きなひとのことはみんな好きだよ。


と、思っていたらこのイベント、誰も想像していなかったくらい超絶よかった。

スクリーンの前の小さな舞台にCowCowヨシ、バッファロー木村、椿鬼奴、なだぎ武、藤井隆がごろんと寝っころがってスクリーンを見上げ、なんやかんや突っ込むのだが、本編が面白すぎてコメンタリーは早々に立ち消えて、まるで誰か先輩のお家でつるんで映画を見てるみたいだった。

そこにかかる映画が寅さんやなんて最高だ。


微妙に映画のチョイスが渋かったせいか、人はそれ程多くなく、前から10列が埋まらない程度だったが、そこがまたよくて、みんな本当の友達みたいにこそこそしゃべったり、お決まりの寅ギャグで一緒のタイミングで笑ったり、なだぎさんがおばちゃん役の三崎千恵子の細かい表情を拾ったりしてとてもよかった。

私が寅さんを好きになった高校の頃にはすでに渥美清は他界していて、寅さんは映画館で見れなかった。
だからこうやってたくさんの人と観るの本当に憧れやったんや!



そして今回かかったのは「寅次郎相合い傘」でマドンナが浅丘ルリ子のリリーシリーズとはいえ何でこれ?
と思っていたら伝説の寅さんギャグ、メロン紛争の回だった!!(もらったメロンをうっかり寅さんを勘定に入れず切り分けて食べはじめたら、そこに帰ってきて寅さんがぶちギレる)


あーもう本当笑った。右隣の席のにーちゃんと。左隣の芸人を見に来たお嬢ちゃんたちと。前に座る寅さんを一度も見たこと無いカップルたちと。ステージの上のよしもと芸人と。

みんなで
寅さんばかだなあ!
おばちゃん、なんて顔!
博がメロン隠した!
あっ寅さん博のモノマネしながら博にキレてる!
あっおいちゃんが逆ギレしてお金投げつけた!
あーあおばちゃん泣いちゃった~。


みたいなことを言い合ったりして。

本当に気持ち良く大きい声でみんなでげらげら笑った。


正直、メロン紛争を観る世界最高のシュチェーションだったと思う。
人数も、メンバーも場所もやり方も。みんな同じ理由で傷ついているけどこうして来て映画館にきて映画をみていることすら。

あの瞬間映画館にいる隅々の人にまで愛を覚えた。
幸せだったな。

そのあと、なだぎさんによる寅さん雑学、最終の48話「寅次郎紅の花」もリリーがマドンナで、見て分かるほどに体調の悪い渥美清を見て浅丘ルリ子が、今回でどうかリリーと寅さんを結婚させてやってくれと山田洋次に懇願したけど、山田洋次は50話まで撮るつもりだったから結婚はさせなかった、というようなくだりとかもすごくよかった。みんなでしんみりした。

本当に楽しかった……! 正しい映画館体験!!!



映画館を出たところで出演者が募金活動していたので、祈りとブラボーって気持ちもこめて千円を募金箱に入れて楽しかったと伝えて、なだぎさんにギュッと握手してもらった。

普段は完全に寝てる時間なので私はすっかり体温が上がっていてホカホカの手の平で恥ずかしかった。




帰り、今日は月が綺麗だというのでクールダウンの意味もこめてちょっと夜道の散歩。沖縄は曇りで月は見えない。
途中、駐車場に猫のカップルがいたので手を伸ばしたら男のコの方がごろニャンとおなかを撫でさせてくれた。ニャンニャンと撫でていたら女の子にばっちり愛想をつかされて去られていた。

猫の恋路を邪魔しつつ空を見上げたら雲が切れて月が顔を出していた。

ほんとだ!スーパームーン

綺麗だ。


照らせ月。照らせ照らせ。日本を! 照らせ!!照らせ!!照らせ!!!




























ここのところ毎日日記書いてますがアップは4月ごろにします。

私の感傷なんて本当にどうでもよすぎる

未分類 |


| TOP |

プロフィール

e彫刻研究所 

Author:e彫刻研究所 
沖縄にある彫刻アトリエです。

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ