FC2ブログ
2011/04/30 (Sat) 魔法のような音がする

ラジオを聴いておしゃべりがあまりに素敵だったのでレイハラカミの音楽を聞いてみる。
すべて機械で作っているのにすごく有機的な音楽だった。その音が流れる空間が一瞬にして美しい光がさして美しい空気になる。何?まほう?
一曲だけ、細野晴臣の曲のカバーで歌っていたけど、私はどうやらこの人の独特の発音が好きみたいだ。かきくけこの行
何だろうなまりかな?






そしてとても大切なことがひとつ分かった。

私がどうしてFRPで制作するかということだ。
私は作品に命を持ってもらいたいと思っている。そこが毎回の制作のキモだ。
彫刻の張りや、立たたせるというテクニックはどうしてもそこに必要になる。

それでも私の作る生命は何をどうやってもフィクションだし、リアルではなくリアリティだ。

そこに素材としてリアルに生き物である木等を使ってしまうとリアリティが浮いてしまうのだ。



テラコッタや木を素材にしたときの違和感が何だったのかはっきりしてよかった。





そして、レイハラカミの音は気持ちがいいなあ。それもわかった。
この人は内臓見せてるタイプの表現の人だなと思う。信用する。




未分類 |


| TOP |

プロフィール

e彫刻研究所 

Author:e彫刻研究所 
沖縄にある彫刻アトリエです。

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ