FC2ブログ
2011/07/30 (Sat) よるになるおと

涙で二重まぶたが二倍になった。
泣いて眠れず、こんな哀しい形で私は久しぶりに夜を手に入れた。


ハラカミさんのライヴの日のことを思いだした。
死んでもいいかも。というほどの気持ちいい演奏で、演奏中ハラカミさんは絶対こっちを向かないのだけど、今私たちオーディエンスとこの人とは交わっている。と思った。

そして私たちを気持ち良くさせる。
音か心のツボにピンポイントに当たる。
おもわず声が出そうになった。




あんなに生命の秘密に近づいて、もうそれは肉迫といっていいだろう。

言い方はどうかと思うけど内蔵レベルで自分の中のものをさらけてくれている人にたいしてわたしたちも素直になってこちらもすべてを差し出したいと思う。

すごい。音楽にはこんな力もあるのだ。
そう思った。


演奏が終わり、店のドアを出るとき、それは演奏を聴くまえとは全く違う景色に見えた。

豊かで、色彩にあふれた美しい世界がそこにはあった。







今回、東京でハイになって眠れないことがあっても、レイハラカミをきけばいいやとおもってiPodを持ってきたのに。


違う意味で眠れぬ夜にレイハラカミを聴いている。


好きだよ。ハラカミさん。好きだよ。
しゃべるリズムも声も好きだった。
なんか骨格を想像させる声で、その微妙な骨格の歪みの音が私は妙に好きだった。





ぐずぐずぐずぐずしていた。
それでも昨日はなんとか午後にアートフェア会場に行って、そこに沖縄芸大の知人が来てくれて、ごはんに連れていってくれた。

味のこゆい、コシのあるうどんを食べ、ああ味がする、おいしいと思った。

未分類 |


| TOP |

プロフィール

e彫刻研究所 

Author:e彫刻研究所 
沖縄にある彫刻アトリエです。

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ