FC2ブログ
2010/02/15 (Mon) 100214

金曜日
クリント・イーストウッドのインビクタスを見た。

本当にワールドカップの決勝戦みたいな映画だった。
会場で強く興奮。

自国のチームが試合に勝つ時、周りのみんなが一斉にハイタッチしたりするかんじ。
どんくさい私も混ざれて嬉しい。

土曜日。
そういえば、沖芸の卒展も見に行った。

見に行く前に、ふと考えてみた。
私が学生に求める事はなんだろう。少なくともテクニックではない。私が学生頃だって作品は稚拙ですごくつたなかった。

そうか、ただ感動したいだけなんだな。と思った。
へたくそでもいいからただ胸打たれるようなものがみたいのか。とそう思った。


彫刻科の作品を見て、「立つ」とか「張り」とかっていうのこそが、彫刻のアイデンティティーなのかななんて思った。

少し元気のない展示だった。
若者たちには元気で居てほしいな。

中庭に行ったら彫刻の講評をやっていたのでにやにやして帰る。

日曜日
アトリエにてポリ修正、ポリ取り、シリコン取り。

なんだかくらくらするくらいのケミカル作業。

でも、なんだろう。プラスチックってときめくんだよなあ。プラスチックを自分の好きな形にできるなんていいと思ってしまう。


そして思わず、もう終わらせたつもりだったバクの事が気になりかけてあったビニールをはがして耳の角度を少し変えた。
色を塗り終わった作品にノコギリを入れて耳を切り落とすのは少し緊張した。
でも、作品のあそこはこうしたかったと思う部分を残さないようにしよう、躊躇なく直そうと前回の作品あたりから決めた。どうせ飾った時に後悔でお腹がいたくなるし、誰かに突っ込まれた時にくやしくて吐きそうになるから。


バクがとてもいい顔になったので満足した。


4時すぎにたくみくんが遊びに来てなんだかそわそわもじもじしていたので、「何?どしたの?」ときいたら
思いきった感じで
「くりやまさんは誰にあげたの?チョコ・レ・エ・ト!」
と言われてきょとんとしてその後大笑いしてしまった。

九歳の彼にとってバレンタインデーは大変な一大事であるようだ。

あー!たくみくんにあげたらよかったわ!

未分類 |


| TOP |

プロフィール

e彫刻研究所 

Author:e彫刻研究所 
沖縄にある彫刻アトリエです。

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ