FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/02/03 (Mon) 丸山先生のこと

丸山映先生の展示が沖縄の県立美術館で始まったそうです。

923425_463468330443235_412152425_n.jpg

http://www.museums.pref.okinawa.jp/art/topics/detail.jsp?id=1153


丸山先生は、わたしが入学した沖縄県立芸術大学の教授で、一学年5人しかいない彫刻科の4人の教授陣の一番偉い先生でした。
 
ほぼ学生と同じ人数の先生がいるので、それはもう目をかけて頂いていて、「お前は俺の娘と名前がほとんど同じだからな」なんていって、彫刻がどヘタだったわたしでしたが、すごく良くして頂いていました。


そんな丸山先生と大学4年生の時二人で東京に旅をしました。
ある奨学金の賞をいただき、その授賞式に推薦文を書いてくださった丸山先生と出席することになったのです。

飛行機の中で少し離れた席で本を読んでいたら、先生に「見てみろ!」と窓際に呼び出されて、私は生まれて初めて富士山を見ました。

モノレールのから空をみあげて、「雲のない空なんて何年ぶりでしょうか」「そういえば沖縄で快晴ということはないな」なんて話をした。
上野でご飯を食べているとき、手がカタカタと震えてて、フォークを落とした私に「お前つかれているな」と先生は言った。
私はその時、自分が東京の人ごみが苦手なのだと知りました。


授賞式で、丸山先生は有名人でした。そこにいた他の大学の先生がみんな挨拶をしに来て、さらには有名人過ぎて先生はその場で突然スピーチを頼まれました。
いやしかし「困った」と言いながら喋り始めた丸山先生のスピーチ姿は、本当にかっこよかった。素敵な色味のカジュアルなデニム生地のスーツ姿もかっこよかった。たくさんいろんな学校の教授がいたと思うけど、うちの先生が一番かっこいいって、思ったのを覚えています。

先生のスピーチはパブリックアートを推進する協会の奨学金だったことに引っ掛けて

「パブリックアート、パブリックアートと言いますが、それはパブリック(公共)な場所に置くからパブリックアートではなくて、作品の置いた場所に人が集まり、そこがパブリックな場所になること、それが本当はパブリックアートなのではないでしょうか」
といった内容で、私の胸の中にそれは大切な言葉として未だに強く残っています。


その次の年の2004年に長いあいだ患われていたご病気がもとで、先生は逝去されました。
実家からも遠く離れて暮らしているわたしにとって、初めて間近で出会った親しい人の死でした。
思えば、東京に行った時も先週まで検査入院といっていて「お前足速いな」っていわれた。
あの時、どうして私はゆっくり歩かなかったんだろう。愚かな、若者だったあの頃の私は。

あの一年間、どんどん痩せていく先生を見て「行かないで、行かないで」とどんなに真剣に願っても、日に日に連れて行かれてしまう、自分の無力さにやるせなくなったあの期間が、本当に切なく悲しい時間でした。今思い出しても切なくて涙が出ます。





時は過ぎ2014年1月、先月のことです。渋谷の道玄坂にてお芝居を見に行きました。
東京の人ごみは未だにおかしくなるほど苦手で、中でも渋谷は意識が飛んでしまうほど苦手なのですが、どうしても観たい舞台だったのです。

しかし、人ごみで衰弱していた上にその直前から親知らずがはれて、痛み止めも効かず睡眠不足と歯痛もあいまって、舞台中一度気絶してしまうほどわたしは心底へとへとで、しかも一人でまたあの人ごみを抜けてゆかなければいけないと思うと、その時はもう自分は世界一かわいそうなんじゃないか、と思うほど心細かった。


そんな気持ちで大きなユニクロの入ったビルの中にある劇場を出て、ビルの出口から出た瞬間、その出口の真ん前たくさん往来する人の流れの中に、とっても親しい私の好きな見知った顔を見たような気になって「わっ」っと声が出ました。
その時はっきりと「丸山先生がおる」と私の心が思いました。


それは、丸山先生の御影石の作品でした。
まさかと思って、プレートを確認しても、やっぱり丸山先生の作品でした。

1511245_413908868711880_1342484759_n.jpg



ギスギスしていた気持ちは一瞬でやわらぎ、彫刻の前に腰掛ける若者たちにすら親しい気持ちになって、「ちょっと彫刻撮らせてくださいね~」なんていって、この写真を撮影しました。


その時 とっても強く感じました。

その作品を置いた場所に人がつどい、その場所がパブリックスペースになる作品とは当たり前だが日本有数のパブリックスペースに置くような作品なんだって。

御影石の作品は半永久的にあの場所に居続ける。
時には渋谷の雑踏の景色にとけ、時には彩りとなり、誰かの居場所になるのでしょう。
ずっと丸山先生の面影を讃え、こうして何年経っても時には私の心にそっと寄り添い勇気付けてくれるだろう。

10年前、私に「お前疲れてるな」と言った言葉そのままに。



ああ、彫刻、美術の存在意義のひとつにきっとこれはあるんだ。
そう体感し実感したのです。



今回の美術館のコレクションにどの作品があるのかまだ確認していないけど5月まで展示されているので沖縄の人は機会があれば是非先生の作品を観てほしいと思います。

御影石の抽象的な作品がきっとあなたの心に入って来るのではないかと思います。

彫刻とは、表面的な形の造形ではなく、内側から張り詰めるフォルムや、自然との対話なんだって、きっと伝わると思うし、ひとりの人間がつくった形が、どうしてこうも気持ちよく感じるのだろうなんて、思うことだろうと思う。

いかに、丸山先生が女の人の形を美しいと感じていたのか、とっても敬意を持っていたのではないだろうか。そんなことまで伝わると思う。

そして、その作品は半永久的にその情報を発信しつづけるのだ。


わたしも彫刻を、作っている今を、また少し誇らしく思う。

先生、何年たっても何歳になっても心配かける、ポンコツでごめんなさい。
作品作ります。


2014年02月3日

未分類 |


| TOP |

プロフィール

e彫刻研究所 

Author:e彫刻研究所 
沖縄にある彫刻アトリエです。

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。