FC2ブログ
2010/08/24 (Tue) 旧盆ドライブ

沖縄は旧盆なので一昨日がウンケイ(お迎え)で今日はお盆の真最中。
先祖崇拝の土地やから、日曜日は日中、どこにいっても空いていた。


うちの裏には寺があるので、石段にちょうちんが紅く灯っている。


こないだ吉永小百合(様)のラジオに、太田光がひとりで出ていて、戦争について話していた。


「戦争があって、勝ったアメリカはあの戦いは正しかったと言って、負けた日本はあの戦争は間違いだった、愚かだったと言ったわけでしょう。その、間違いだったと感じられた日本人の繊細な感性」

というような話をしており、 そんな繊細な日本人だからこそお盆のような儀式が必要なんだろうなと思った。

昔はお盆はじいちゃんばあちゃんのおうちに行っておもちゃを買ってもらったり、親戚が集まって美味しいものを食べたり、缶詰をたくさんもらって帰るというような時期だったわけだが、年齢を重ね、親しい人がぽつりぽつりと亡くなるようになりはじめて、やっと本来の意味が解るようになってきた。

先日のギリシアのおじさんじゃないけれど、本当に一年に一度もしかしたら会えたのかも知れないなと思うだけで、救われることもあるかもしれない。




日曜日は恵那と牛を見に、具志頭(読みはぐしちゃん)の家畜実験場みたいなところに地図を見ながら迷いつつ行ってきた。


いやあ、牛ってどでかい。生で見ると本当にでかい。

分かっているつもりでも、いつも本物を見るとギョッとする。

私たちが普段こんなもんだろうと思う牛のサイズって、だいたい子牛のサイズなんだよね。

写真や図鑑で見ているからだろうか。

でもやっぱり、生き物はA4サイズではできておらず、規格外なんだ!なんて、
こんな風に心が動く感覚を忘れないようにスケッチするんだ。と思う。


そして、あの迫力を表現するためには彫刻用語で言うところの痩せた塑像作っている場合じゃあないなあと思う。張りを作りたい!
凹を美しく造形したいなあ。



帰り道、マクドナルドでそんな話を興奮しながら恵那とずっとしていた。

未分類 |


| TOP |

プロフィール

e彫刻研究所 

Author:e彫刻研究所 
沖縄にある彫刻アトリエです。

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ