FC2ブログ
2009/12/25 (Fri) 志村がいなくなったなんて

志村が死んでしまった。

フジファブリックの志村が。


この間、ライブで見たのに?声が出てなかったけど、いいライブだったのに。
桜坂に立っていたのに。
現時点でもっとも新譜が楽しみなバンドだった。


志村。


抜けるように白いはかなげな美青年だった。

同じ歳なんだ。
そうか気を抜くと私だって死んでしまうことがあるのだな。

嘘やろ。
嘘やんな。




追記


昨日は志村の訃報を聞いて直後に日記を書いた。

得体の知れない感情が脳味噌をビイィィと震わせて、雨のなかの寒々としたアトリエで夜中までぼうっとした。

もちろん、この感情って「悲しい」に違いないんだけどなんだかもっと不条理なやるせない気持ちも混じっていた。

だって、あんなに才能のある人が三十歳にもならなかったなんて。
そして何より彼はまだ成長の段階だった。ミュージシャンとして。
毎回出されてくる作品はビヒットでひとつひとつ粒だっていて、それでもまだ習作のようなそんな趣があった。

いつかあれらがひとつの作品のなかで響きあって、豊かな一枚の大傑作アルバムを作る。そういうバンドに違いなかった。

本当に悔しかっただろうな。


そして私たちも悔しい。
もう、あんなに面白い物を新しく聴けないなんて!

くるりの岸田は昨日あったイベントで「亡くなった友人のために」といって弾き語りでロックンロールを歌ったそうです。
それを知ったとき、ようやく涙が出た。

あの強い衝撃が悲しみだと分かるまでこんなにかかってしまった。

29歳にもなろうとしているのに私の経験値はとても未熟だ。

未分類 |


| TOP |

プロフィール

e彫刻研究所 

Author:e彫刻研究所 
沖縄にある彫刻アトリエです。

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ